ウクレレでチョーキングをしてみよう! 正しいやり方とフォーム

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe 林本です!

そこから親指を支点にして手首を回転させ、弦を押し上げます。今回はチョーキングというテクニックについて解説します!
チョーキングとは弦を押さえたまま持ち上げるように引っ張ることにより音程を変える奏法です。

フレットで仕切られた音程から一歩外にでた曖昧な音程や歌のような滑らかな音程変化を表現することができます。

もともとはエレキギターによるブルーズやロックの奏法なのですが、ウクレレにも導入することにより表現の幅を広げることができます。

チョーキングのやり方と正しいフォームについて解説しました。
チョーキングならではのニュアンスをぜひ体感してください!



チョーキングは指の動きではなく、手首の回転で行います。
親指をネックの上に回してスタンバイします。

そこから親指を支点にして手首を回転させ、弦を押し上げます。
指がネックに対して斜めに入っている点に注目してください。
弦を押さえている指以外の指に使うと安定します。


写真の場合は薬指で弦を押さえているので中指と人差し指を添えた3本で弦を持ち上げています。
中指でチョーキングする場合は同様に人差し指そ添えます。


チョーキング時の注意点はその最中に手や指の形を変えないことです。
指の曲げ伸ばしでチョーキングを行ったり、その途中で指の形が変わってしまう弦を安定してコントロールできず、音程が乱れてしまいます。

チョーキングの途中でこのような形になってしまったら要注意です。

弦を下に引っ張るやり方もあります。
主に4弦や3弦でよく使われます。
ロックのリフで多く使われるやり方です。
ルーズな音程変化がブルージーなフィーリングを与えてくれます。







チョーキングでしか出せない微妙なニュアンスや独特の音程変化は上手く使えばとてもかっこ良く響きます!
これはフレットが打ってある弦楽器でしか出せない風合いなので、ぜひ皆さんの演奏にも取り入れてもらえればと思います!



<2015年11月29日(日)初心者向けウクレレクリニック開催のお知らせ!>

11月29日(日)に東京南荻窪のカフェ, "Acousphere Cafe"にて初心者向けウクレレクリニックを開催します!
本記事で紹介した"When You Wish Upon A Star/星に願いを"弾き方をお伝えします!

ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方もご参加頂けます!
この機会にぜひウクレレを始めてみませんか?
お友達同士で、お子様連れで、ぜひお気軽にご参加ください!
詳しくはこちら!



<ウクレレレッスンのご案内>

東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャンによるウクレレレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
特に初心者の方に向けたカリキュラムに力を入れています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!





講師の演奏です!