ウクレレでのアルペジオの基本パターンを解説します!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

ウクレレの伴奏方のひとつにアルペジオという弾き方があります。
主にバラードなど静かな曲で使われる弾き方です。

アルペジオは分散和音という意味で押さえたコードをストロークのように一気に弾かず、順番に弦を弾いていく奏法です。
アルペジオができると伴奏からもメロディーが感じられる演奏ができるようになります。

今回はアルペジオの際の右手の指使いや基本的なパターンについて説明します!


アルペジオは最初は指弾きでトライすることをオススメします!
まずは構え方ですが写真のように各弦に触るように指を配置してスタンバイします。
親指が4弦、人差し指が3弦、中指が2弦、薬指が1弦です。
基本的に右手の小指は使いません。

この構えから親指はそのまま下に下ろすように動かします。
人差し指に当てるようなイメージです。

その他の指は握る動きで弦を弾きます。
腕までの筋肉が、グッと動いているの感じられるとよいですね。

Stand By Meのコード進行でアルペジオの練習フレーズを譜面にしました。

親指から順に弾いていくこのパターンがアルペジオのもっとも基本的なパターンとなりますのでぜひ練習してみてください!

親指が4弦、人差し指が3弦、中指が2弦、薬指が1弦という担当をしっかり守って練習するのがポイントです!





<2015年10月11日(日)初心者向けウクレレクリニック開催のお知らせ!>

10月11日(日)に東京南荻窪のカフェ, "Acousphere Cafe"にて初心者向けウクレレクリニックを開催します!
この映像のプロコルハルムの名曲、青い影/A Whiter Shade Of Paleの伴奏の弾き方をお伝えします!

ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方もご参加頂けます!
この機会にぜひウクレレを始めてみませんか?
お友達同士で、お子様連れで、ぜひお気軽にご参加ください!
詳しくはこちら!



<ウクレレレッスンのご案内>

東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャンによるウクレレレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
特に初心者の方に向けたカリキュラムに力を入れています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!





講師の演奏です!