ウクレレでCarpenters, "Close To You/遥かなる影”を弾こう! コードレッスン動画紹介!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

カーペンターズの名曲、Close To Youのウクレレレッスン動画を紹介します!
どのコードを押さえたらいいかを示すコードダイアグラムが音楽に合わせて表示されます。



Close To Youはコード進行もメロディーと同じくらい美しい曲で、楽器を持って演奏しているとその美しさがより深く心に染み渡ってきます。
この感覚が楽器演奏ならではの音楽の楽しみ方だと思います!

また弾きながら歌ってみたりするとコードの響きの移り変わりやメロディーとの対比をさらに楽しめるので、みなさんぜひ思い思いのスタイルでこの曲の演奏を楽しんでもらえたらと思います!

演奏のコツをまとめましたので動画と併せてぜひご覧になってみてください!




1.コードチェンジは左手を1テンポ早く離して時間を作る。
コードチェンジは複数の指を同時に動かすため、どうしても指を動かす時間が必要になります。
その時間を確保するためには左手を1テンポ早く離してその間に次のコードに向かいます。
左手を離している間も右手の動きは止めず、弦を弾いてあげます。
この開放弦の音もまたウクレレらしいおおらかな響きに必要な音なのです。

2.コードチェンジの肝は親指と肘の位置
左手の動きを練習する際、弦を押さえている4本の指にどうしても意識が集中してしまいますが、実は親指と肘の動きが最も重要になってきます。
親指と肘の適正な位置はコードフォームごとに異なっています。
これらを最適なポジションに置くことができれば、表の4本の指は自然とついてきます。
特にセーハの時はこの意識が大切になってきます。
親指をネックの真ん中より下側に配置して脇を締めるのがコツです。

3.コード進行は見た目の形と前後の関わりで覚える。
コードフォームやコード進行を覚えるとき、「2弦1フレットと4弦2フレットを〜」といったように文字情報で覚えてしまうと覚えにくいばかりか実際の演奏で追い付かなくなってしまいます。
コードフォームは「三角形、斜め一直線」といった具合に見た目のイメージでおぼえましょう。
さらにコード進行は今押さえている形からどう変わるかという相対的な見方で覚えます。

以上の点に着目してぜひClose To Youにチャレンジしてみてください!



2015年5月31日にこのClose To Youを課題曲にした初心者向けウクレレクリニックも開催致します!
まだウクレレをお持ちでない方にはウクレレの貸し出しもできるので、これからウクレレを始めようと思っている方もぜひご参加ください!
詳しくはこちら!



東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャン達によるウクレレレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
特に初心者の方に向けたカリキュラムに力を入れています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!


講師の演奏です!