*ジャズブルースのフレーズを紹介します!動画付き!

Editor : Shige Okusawa (Acousphere)

Acousphere奥沢です!
今回はギターリフをひとつ紹介しようと思います。
僕がおすすめするのはジョージ ベンソン(George Benson)のブルースのリフ。
ベンソンさんは言わずと知れたジャズ界の大御所。
でもその演奏はジャズに留まらず、ファンクやソウル、フュージョン、ブルースとまさにオールマイティ!
僕はその中でもブルースを弾いている時が大好きで、ジャズらしいクレバーな音色選択と同時にエモーショナルな部分もちゃんと伝わってくる演奏はまさに僕らギタリストのお手本と言えると思います!
今回紹介するリフはアドリブのフレーズとしても十分に使える物になってますので、弾けるようになったらいろんなシチュエーションで使用してみてくださいね!



それでは以下にYouTubeにアップロードした動画を埋め込んでおきます!
繰り返し見て、聞いてフィーリングも含めてコピーしていただけたら幸いです!



いかがですか?
なんともジャズ的なフレージングですよね。
アルペジオを中心にした下降形のフレーズになるので、曲の終わりや冒頭に戻る部分で使うと効果的だと思います。
バンドの中で使用する時はこのくらい長い尺のフレーズだとボーカリストなどメインのパートと重なり合う部分が出てしまうと思いますが、あまり主張せずにスラっと演奏すれば使えると思います!
ぜひ普段の演奏にとりいれてみてくださいね!

[Information]
アコースフィア・ギター教室開講中!
Acousphereによる無料のギターレッスンサイト"Guitar&Guitar"