ストラップ活用のススメ!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

ウクレレはストラップがなくても腕で抱えて弾ける楽器です。
しかしそれでは両手の動きに制限が出てきてしまいます。
演奏だけでなく、抱えることにまで意識を巡らせなければならないので、一段ハードルが上がってしまいます。

そこでストラップの使用をオススメします。
肩や首からウクレレを提げてしまえば両腕が自由になり、演奏がとてもしやすくなります!

サウンドホールに引っ掛けるタイプのものがウクレレ専用ストラップとして発売されています。

ボディーの下からぐるっと回してフックをサウンドホールに引っ掛けます。
一般的なウクレレはストラップピンが打たれていないので、このようなスタイルになるんですね。

このタイプは両手を離すとウクレレが前に倒れて落ちてしまいます。
右手の肘のあたりで常に押さえている必要はありますが、それでもストラップ無しよりも遥かに腕の自由度が上がり弾きやすくなります。


一方、アイバニーズのUEW20SMEのようなエレクトリックタイプはジャックと共用のピンが打たれているため、ギターと同じスタイルでストラップを取り付けることができます。
ジャック部分にストラップの片方を引っかけ、もう片方をネックに紐で結び付けます。

この方式は両手が完全に自由になり、自然とウクレレが体の中心にきます。
もっとも弾きやすい状況を作りだせるスタイルと言えるでしょう。

ジャックやピンがついてない場合は、ピンを打ち込む改造を楽器屋さんなどに依頼する必要があります。
一番オススメなスタイルではありますが、お手持ちの楽器によってはちょっと手軽さに欠けるかもしれませんね。

上達のためには正しいフォームでの練習が欠かせません。
腕に余分な力が加わらず、スムーズに動かせる構え方で練習するためにぜひストラップを活用してみてください!



<2015年10月11日(日)初心者向けウクレレクリニック開催のお知らせ!>

10月11日(日)に東京南荻窪のカフェ, "Acousphere Cafe"にて初心者向けウクレレクリニックを開催します!
この映像のプロコルハルムの名曲、青い影/A Whiter Shade Of Paleの伴奏の弾き方をお伝えします!

ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方もご参加頂けます!
この機会にぜひウクレレを始めてみませんか?
お友達同士で、お子様連れで、ぜひお気軽にご参加ください!
詳しくはこちら!



<ウクレレレッスンのご案内>

東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャンによるウクレレレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
特に初心者の方に向けたカリキュラムに力を入れています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!





講師の演奏です!