2016.10.11 SPC LIVE

2016年10月11日(火曜) 吉祥寺スターパインズカフェにて「Acousphere with Friends」を開催します! 
Acousphere Recordに所属するアーティストが一同に集う スペシャルライブイベントが決定しました! 
Acousphere with Friends
日にち:2016年10月11日(火曜)
場所:吉祥寺スターパインズカフェ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演:Acousphere / Acoustic Sound Organization / Aerial / Sonascribe
時間:Open 18:00 / Start 19:00 前売り ¥3,900+1drink / 当日 ¥4,900円+1drink
詳細はこちらをご覧下さい!

2014/10/07

コードチェンジの時は左手を離して指を動かす時間を確保しよう!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

ウクレレを始めたばかりの方にとって、コードチェンジが最初の関門になると思います。
とくにGなど複数の指を使って押さえるコードは難しく感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

コードチェンジは出来るだけ素早く、余分な音が鳴らないようにしなければというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
左手を弦から離し、指を動かす時間を確保して次のコードに向かえばよいのです。

今回はそのようなコードチェンジの時の左手の動かし方について解説したいと思います。


ではFからGへのコードチェンジを例にとって解説していきます。
まずコードチェンジをするには時間が必要です。
次のコードの1拍目に間に合うように指を離してコードチェンジを行います。
この時、何も押さえていない開放弦の音が鳴ってしまっても構いません。

ウクレレはピアノやバイオリンと違って、曖昧な要素が多い楽器です。
この曖昧な部分がおおらかな雰囲気を生み、ウクレレの魅力を形作っています。

コードを一度押さえたらすぐに次のコードチェンジに備えて頭の中を切り替えましょう。
どのタイミングで離せば間に合うか、どういうルートで指を動かせば無理のなく次のコードに移行できるか、などについてです。

離す際に指はできるだけコンパクトな動きを心がけてください。
写真のように完全に離してしまうと指の位置の間隔がリセットされてしまい、次のコードを押さえるのに時間がかかってしまうリスクが高まります。







音楽で一番大切な要素はリズムです。
コードが変わった際の最初の音が正しいリズムにのってしっかり出ているととても上手に聞こえます。
この一拍目の最初の音を大事にしてコードチェンジの練習に取り組んでもらえたらと思います!



東京荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャン達によるウクレレレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
特に初心者の方に向けたカリキュラムに力を入れています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!


講師の演奏です!

サイト内の記事を検索!

その他の記事!

ブログ アーカイブ