2016.10.11 SPC LIVE

2016年10月11日(火曜) 吉祥寺スターパインズカフェにて「Acousphere with Friends」を開催します! 
Acousphere Recordに所属するアーティストが一同に集う スペシャルライブイベントが決定しました! 
Acousphere with Friends
日にち:2016年10月11日(火曜)
場所:吉祥寺スターパインズカフェ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演:Acousphere / Acoustic Sound Organization / Aerial / Sonascribe
時間:Open 18:00 / Start 19:00 前売り ¥3,900+1drink / 当日 ¥4,900円+1drink
詳細はこちらをご覧下さい!

2014/07/02

ギターの持ち方について動画で説明してみました!

Acousphere奥沢です!

ギター初心者のみなさんが一番最初に知りたい事のひとつは「ギターの持ち方」ではないでしょうか。

写真や映像で他のギタリストの人の持ち方を見てふつうに抱えれば誰でもある程度は似たポジションに持つことはできます。

ですが実はその持ち方にもいくつかの種類があって、演奏したい内容によっても角度やストラップの長さなどなど細かな違いがたくさんあるんですね。

その細かな違いは大きな持ち方の差となって現れないので、やはりまずは「ギターを持つ為のコンセプト」について理解する事が大事になってきます。

4つの大きなコンセプトを僕の弟子のギタリストSonascribe林本くんが説明してくれた映像をアップロードしましたので、そちらを参照して学んでみてほしいと思います!



それでは以下の動画をご覧になってみてください!







いかがでしょうか?

あらためてポイントをまとめておきます!



(1) ギターのネックは斜めに前に出す。人の手の構造とネックとの親和性を高める効果がある。

(2) 右手の腕の重みでギターを固定する。右手前腕部と左手を演奏に集中させることができるようになる。

(3) ストラップを使う。ギターを正しい位置に固定してくれる効果がある。立ちでも座りでも同じ角度で弾ける。

(4) 水平と斜めのふたつのネック角度を使い分ける。水平はピック弾きに利点があり、斜めはコードフォームの多様性とフィンガーピッキングのやりやすさという効能がある。



まだまだ細かなポイントが更にあるのがこの「正しい持ち方」というフィールドにはたくさん隠されております!

また動画を通して弟子と一緒に説明してゆきたいと思いますので、今後のギターレッスン記事にもご期待ください!



[アコースフィアギター教室生徒さん募集中!]

荻窪Acousphere Cafe/Studioにてギター、ウクレレ、ボーカルレッスン開講中!多数のプロミュージシャンによる様々なカリキュラムがあり!初心者歓迎!プロ養成講座にてプロデビューのサポートもします!詳しくは以下リンクをクリック!

http://acousphereguitarschool.blogspot.jp/



[ライブ出演&サポート演奏に伺います!]

"Super Guitar Duo" Acousphereが演奏に伺います!ライブハウス出演、カフェライブ、イベントBGM、ボーカルサポート伴奏、レコーディング演奏などのご依頼をお待ちしております!詳しくは以下のリンクから!

http://www002.upp.so-net.ne.jp/acousphere/official/contact/contact.html



[Acousphere Record作品の試聴はこちら!]

Acousphere主催のレコードレーベル"Acousphere Record"のリリース作品の試聴ページをつくりました!アコースティックギターを基調としたJazz/Popsのインストミュージック!以下のリンクから試聴ください!

http://acousphere.blogspot.jp/2014/06/acousphere-record.html



[Acousphereオフィシャルサイト]

http://www.acousphere.net



[Acousphere YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/channel/UCKguwM_otN4Lu0fIdOvzGWw



[Acousphereブログ]

http://acousphere.blogspot.jp/


サイト内の記事を検索!

その他の記事!