2016.10.11 SPC LIVE

2016年10月11日(火曜) 吉祥寺スターパインズカフェにて「Acousphere with Friends」を開催します! 
Acousphere Recordに所属するアーティストが一同に集う スペシャルライブイベントが決定しました! 
Acousphere with Friends
日にち:2016年10月11日(火曜)
場所:吉祥寺スターパインズカフェ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演:Acousphere / Acoustic Sound Organization / Aerial / Sonascribe
時間:Open 18:00 / Start 19:00 前売り ¥3,900+1drink / 当日 ¥4,900円+1drink
詳細はこちらをご覧下さい!

2012/04/05

#オーバードライブペダルLovepedal ETERNITY試奏レビュー!

Editor Taiyo Hatta(Paranoa)
以前から気になっていたオーバードライブペダルを紹介します。

今はペダルを全く使わないスタイルなので購入する機会を逃してしまったんですが一時オーバードライブを探す旅をしていました。
基本的に愛用していたのがIbanez TS-9 Tube Screamer。
僕の中ではこのTS-9の進化系のようなペダルを探していたんだと思いますが。。






このペダルがIbanez TS-9 Tube Screamer。
多分。。
7〜8年は使っていたんじゃないでしょうか。
今ではハンドメイドでハイエンドなペダルが沢山あるみたいですがこのTS-9を基調に作られているペダルも多いようです。「TS-9系」なんていう音の方向性の基準になっているペダルですね。
そして「TS-9系」のハイエンドペダルBob Burt Overdrive。
こちらはライトでタイトな歪みでコンプレッションも控えめ。
しかもハイブーストまで幅広い歪み領域をカバーしてくれていたので基本的にはこのBob Burtを使いソロはブースター代わりにTS-9なんていう使い方をしていました。













僕としてはソロは粘りが欲しいんですよ。
なのである程度絡み付くコンプレッション具合が肝心なんです。
だからといって歪みを付け足していって強くなってしまったコンプレッションだとヌケも悪くなるし輪郭がはっきりしなくなってきちゃうんです。
そこでもう一つ、いいなっと思えるオーバードライブを探しにいったんですね。

たとえば。。

LANDGRAFF Dynamic Over Drive

こちらは一時凄い話題になりました。
楽器屋でたまたま見かけて即座に試奏したのを覚えていますね。
けっこうシルキーで絶妙なトーンでした。以外と音色を変える切り替えスイッチがありつまみが少ない割に音作りが多彩。
僕的に音のキャラクターは一つでイイんです。
つまみが多いと迷っちゃいますからね汗

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808HW

こちらも話題になりましたよね。
今流行のトゥルーバイパス、元々の808に比べて808HWの方が抜けが良く、クリアーでノイズも少ない。808の進化版といった感じでしょうか。
っでも808よりもTS-9の音の方がなじんでる分好きなんです。

これだけじゃなく他のオーバードライブも色々試しましたが色々探しているうちに「こ、これは!」
っと感じたオーバードライブがこちら

Lovepedal ETERNITY

これは良かった!
嫌みはないのに絶妙に絡み付いてくる。
そしてかなりナチュラルなトーン。弾いていて一番気持ちよくなれるペダルでした。
音のキャラクターもTS-9系でTS-9をナチュラルにアンプ直にしたようなナチュラルなトーン。
購入の際Bob BurtとこのETERNITYとで迷い、迷ったあげくBob Burtを選びましたが今でも忘れられないペダルなんですよね。もしまたオーバードライブが必要になる時があったら迷わず購入しそうです笑

っといった感じで今回は気になるLovepedal ETERNITYについてでした!

サイト内の記事を検索!

その他の記事!

ブログ アーカイブ