#アヴェイラブル・ノート・スケールについてIonian Scale

Editor : Yohei Aso (Acoustic Sound Organization)
アヴェイラブル・ノート・スケールとは各ダイアトニックコード上でつかえるスケールのことです。今回はメジャーダイアトニックコードの最初のコード、IMaj7(Iメジャーセブンス)上で使えるスケール「ionian Scale」について説明します。





左の図がIMAj7上で使えるスケールです。弾いてみるとわかりますが音の並びは一番有名な音列、ドレミファソラシドです。これをアヴェイラブル・ノート・スケールではionian Scaleと言います。

IMaj7のコードの上で使えるスケールになっています。まず6弦ルートのImaj7のコードを弾いて、それからスケールを弾いてみてください。コードとスケールが指板上で同列に見れるようになるのを目標に練習するといいでしょう。

[関連記事]
メジャーダイアトニックコードとは?
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale)1 Ionian Scale
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale)2 Dorian Scale
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale) Phrigian Scale
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale) Lydian Scale
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale) Mixo-Lydian Scale
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale) Aeorian Scale
アヴェイラブル・ノート・スケール(Available Note Scale) Loclian Scale